Hang in the US MARKET

日本の将来を悲観して、あえて米国市場で頑張っています

今度の決算は大丈夫? なぜ多くの人がAmazonに期待するのか!

1.はじめに 2.株価がブレイクし始めたきっかけは? 3.Amazonで何が起きているのか? 4.まとめ 1.はじめに Amazonの人気が凄いですね。私のブログ(PVが少ない弱小ブログですが...)でも断トツでこちらのページが読まれています。 usmarket.hatenab…

現在のポートフォリオと今後の見通し

1.はじめに 2.現在の保有株状況と収益率 3.特に期待している銘柄 (1)Amazon(AMZN) (2)ロク(ROKU) (3)アビオメッド社(ABMD) 4.その他の銘柄について (1)ニュータニックス社(NTNX) (2)スプランク(SPLK) (3)ドイツ銀行(DB…

混迷のアドテク業界から一つ抜け出したThe Trade Desk社

(1)はじめに (2)The Trade Desk社とは? (3)業績の推移 (4)まとめ (1)はじめに 私事ですが、もう10年近くテレビを持ってません。たまに実家に帰った時にテレビを付けますが、つまらなくて暫くして消してしまいます。家ではもっぱらAmazon P…

AI時代に期待される革新的なストレージで急速に伸びているPure Storage社

(1)はじめに (2)Pure Storage社とは? (3)どれくらい割安なの? (4)業績の推移 (5)まとめ (1)はじめに 成長株に投資する際に気をつけなければならないのは、高値掴みをしないことです。だれが見ても良い銘柄はバリエーションがすでに高く…

急成長のconnected TV digital adsで恩恵を受けるROKU 株価のブレイクはこれから?

1.はじめに 2.Media Streamerで人気を誇るROKU 3.ROKUの収益源と業績の推移 4.まとめ 1.はじめに 5月10日に広告会社にDSPを販売しているThe Trade Desk社(TTD)の決算発表がありました。(DSPの意味については以下を参照して下さい) いまさら…

SaaS企業でまだ割安感があるNutanixの決算(Q3 2018)内容と今後の見通し

1.なぜNutanixに注目しているのか? 2.Q3 2018の決算内容 3.今後の見通し 1.なぜNutanixに注目しているのか? ハイパー・コンバージド・インフラストラクチャー(HCI)技術の世界的リーディングカンパニーだったNutanixは、この分野の競争激化と利幅…

気になった米国小型株の銘柄調査(賃貸不動産管理システムをSaaSで提供するAppFolio)

1.はじめに 2.業績の推移 3.バリュエーション 4.まとめ 1.はじめに AppFolio(APPF)は賃貸物件管理用のシステムをSaaSで提供している会社です。2012年には法律事務所向けのシステム会社を買収して、2つのサービスを提供しています。 メインは不…

なぜバフェットはFAANGの中でAppleを選んだのか?

1.はじめに 2.バフェットは高ROE企業が好き 3.自社株買いと配当、どちらが投資家にとってメリットがあるか? 4.FANG銘柄の中で比較したAppleの特徴 5.Appleの直近の業績 6.まとめ 1.はじめに 5月1日の決算発表で増配と1,000億ドルにのぼる自…

Amazonを今買った場合の5年後のリターンは?

1.はじめに 2.過去のEBITDA成長率から5年後のEBITDAを計算する 3.気になる5年後の株価は? 4.まとめ 1.はじめに AmazonのPERは現在、約200倍です。yahoo financeのForward PERでも約100倍です。ここから買いに入るかどうかすごく迷うとこ…

Amazonの利益成長の肝は「Other」にあり?

1.はじめに 2.Amazonの広告事業とは 3.決算資料を見てみる 4.まとめ 1.はじめに 2018第一四半期決算でAmazonが広告事業をやっていることに、気付きました。Amazonと同じEC事業を展開しているアリババの収益のメインは広告事業ですが、その利益…

【書評】アマゾンが描く2022年の世界

このブログの目次 1.Amazonという企業の本質的価値は何か? 2.ベゾスの目指すところは何か? 3.アリババとの比較 4.マーケティング的視点から見たAmazonの戦略に対する死角 5.まとめ たまたま本屋で見つけたこの本ですが、立教大学ビジネススクー…

「行動ファイナンス」の本を読んで思ったこと(その1)

1.はじめに 2.ランダムウォーク理論 3.行動ファイナンス (1)ギャンブラーの誤謬 (2)プロスペクト理論 (3)リスクプレミアム 4.さいごに 1.はじめに 本書の目次 第1章 マーケットとは何か? 投資とは何か?第2章 ランダムウォーク理論が示…

投資の基本を再考するきっかけをくれた本「ファイナンス理論全史」

1.はじめに 久々の更新となります。 年末はこの本を読んで、投資というものの基本を改めて考えるきっかけとなりましたので、ここでご紹介させて頂きます。 昨年は毎月名古屋で開催されている個人投資家が集まるセミナーに何回か出席して、投資で成功してい…

Nutanixの株価が動きだした!改めてこの会社の経営方針について調べてみた

1.はじめに 2.Nutanixが提供しているハイパーコンバージドインフラストラクチャとは (1)ITインフラにおける仮想化インフラへの動き (2)ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは (3)この分野のライバル 3.Nutanixの今後の経営方針 4.…

株価が割安でテンセントや百度が後押ししている中国のEC企業JD.com(京東商城)

1.はじめに 2.なぜ株価が割安なのか? 3.JD.comの業績推移 4.まとめ 1.はじめに いつも銘柄を参考にさせて頂いているでらさんから中国のEC企業JD.com(JD)が割安ではないかとの情報を頂きましたので、さっそく調べてみました。 アリババとJD.com…

珍しくまだ株価が若い成長株が残っていた! ニュータニックス社(Nutanix)

1.はじめに 2.ニュータニックス(Nutanix)社とは 3.なぜ株価がまだ若いのか? 4.業績の推移 5.まとめ 1.はじめに 11月の勉強会でいつもお世話になっている医師兼個人投資家の方からニュータニックス(NTNX)という会社を紹介して頂きました。…

スクエア2017第3四半期決算 (Square Q3'2017)

まとめ ・YoY売上成長率は伸びている 22%(39%)→26%(41%)→33%(45%) ※( )内の数字は昨年スターバックスから撤退した影響を調整 した数字 ・GPVは前年同期比+31%だが、成長率は四期連続ほぼ横ばい ・adjusted EBITDAマージン 前年同期比 7%→13% 前…

Mazor Robotics(MZOR)Q3’2017決算

内容(まとめ) ・EPS、売上は予想以上(PreMaket +2.283%) ・売上はY/Yで+125.4% ・四半期ごとの売上成長率 15.1%(7四半期連続) 13.6%(3四半期連続) ・Net Lossの減少は微減 ・最大のコストである販売費の売上に占める割合は1年前に比べて 3…

好決算でガイダンスが引き上げられても株価が下がったHubSpot その理由は?

1.はじめに 2.業績の推移 3.まとめ 1.はじめに このブログで取り上げさせて頂いたマーケティング・オートメーションで有名なHubSpot(HUBS)が11月1日の引け後に決算発表を行いました。 usmarket.hatenablog.com SeekingALPHAによると売上、EPS(…

空売りファンドに狙われ株価下落中のShopify株の行方は?

1.はじめに 2.Shopify(SHOP)とは 3.Citron Researchが空売りした理由 4.Shopifyの業績 5.まとめ 1.はじめに 私は決算が読めるようになるマガジンを購読しているのですが、先日Shopify(SHOP)が取り上げられており、収益モデルが素晴らしいと…

黒字化が視野に入ってきたMA(マーケティング・オートメーション)業界で注目されている米企業HubSpot(ハブスポット)社 

1.はじめに 2.ハブスポット社(HUBS)とは 3.ハブスポット社の業績 4.株価の推移(11月1日訂正) 5.まとめ 1.はじめに 今回も著名な医師兼個人投資家の方から、マーケティングオートメーション(MA)で有名なハブスポット社がもうすぐ黒字化しそ…

手術ロボットのリーディング企業「インテュイティブサージカル」は安定成長期に入っている

1.はじめに 2.Intuitive Surgical社と手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」 3.業績の推移 4.まとめ 1.はじめに 前回に続き、今回も手術ロボットの企業を取り上げます。Intuitive Surgical社(NASDAQ:ISRG)は手術ロボットの世界ではトップ企業で、そ…

これは凄い!と思った脊髄手術ロボットのメーカーMazor Robotics

1.はじめに 2.Mazor Roboticsと新型機Mazor X (1)Mazor Robotics社 (2)新型機Mazor X 3.Mazor社の業績 4.Mazor社の株価 5.まとめ 1.はじめに 手術ロボットの分野も技術革新が進んで、今後実用化されるロボットが増えてくると言われています…

軍用情報通信システム企業 ハリス・コーポレーション(HRS)

(1)はじめに (2)Harris Corporation(HRS)とは (3)ハリス社の業績の推移 (4)ハリス社の株価の推移 (5)ハリス社の今後の見通し (6)まとめ (1)はじめに トランプ大統領誕生で軍需産業の株も盛り上がり始め、最近は北朝鮮情勢の緊迫も相…

画期的な医療機器を発売して株価7倍になった人工心臓の老舗アビオメッド社(ABMD)

(1)はじめに 医療機器の製造会社は利益率が高く、不況にも強い成長銘柄だと思っていますが、その中でも体内埋込み型の医療機器や医療器具の製造会社は成長安定度が高いと思います。配当が低いのが欠点ですが、何かと懸念事案が発生する製薬メーカーよりも…

バークシャーも少し株を所有している損保向けデータサービス会社べリスク・アナリティックス(VRSK)

(1)Verisk Analytics(VRSK)はどんな企業 (2)過去5年間の業績の推移 (3)株価の推移 (4)まとめ (1)Verisk Analytics(VRSK)はどんな企業 データ分析によるリスク管理の分野で最先端を行く企業で、米国の損害保険会社を主な顧客としています…

【相場史】1929年の大恐慌の引き金となった大暴落

1.はじめに 2.1929年大暴落の時代背景 (1)1920年代の米国経済 (2)1920年代の米国株式相場 3.暴落の引き金は何だったのか? 4.まとめ 1.はじめに newspicks.com newspicksでこの記事を読むと、市場が繁栄する仕組みは今も昔もあんまり変わっ…

ど田舎の町に転勤になって募ってきた自分への焦りと、見えてきた進むべき道

(1)はじめに (2)時代の流れに取り残されるということ (3)そんな自分が今後生きていく道 (4)まとめ (1)はじめに 忘れもしない今年の3月18日の内示発表の日、仕事でミスをしたわけでもなく、社内不倫で問題を起こしたわけでもないのに「◯◯へ…

空売りしなくても、空売りのタイミングを知っておくことは重要

1.はじめに 2.売るタイミングはテクニカル分析の知識が必要 3.大きく下落する前兆の典型的なパターン 4.今、チャート的に心配なのがAmazon 5.まとめ 1.はじめに 株で一番難しいのは、売って利益を確定させるタイミングです。私は昨年の7月の段…

遺伝子解析時代の恩恵を受けるゲノム解読装置最大手イルミナ(Illumina ILMN)

(1)はじめに (2)ゲノム解読装置製造メーカー「イルミナ」 (3)イルミナの業績の推移(過去5年間) (4)イルミナの今後の成長性 (5)まとめ (1)はじめに 雨の三連休にこの本を読んでいたら、面白そうな銘柄を見つけましたので、調べてみまし…