Hang in the US MARKET

日本の将来を悲観して、あえて米国市場で頑張っています

注目銘柄

Nutanixの株価が動きだした!改めてこの会社の経営方針について調べてみた

1.はじめに 2.Nutanixが提供しているハイパーコンバージドインフラストラクチャとは (1)ITインフラにおける仮想化インフラへの動き (2)ハイパーコンバージドインフラストラクチャとは (3)この分野のライバル 3.Nutanixの今後の経営方針 4.…

株価が割安でテンセントや百度が後押ししている中国のEC企業JD.com(京東商城)

1.はじめに 2.なぜ株価が割安なのか? 3.JD.comの業績推移 4.まとめ 1.はじめに いつも銘柄を参考にさせて頂いているでらさんから中国のEC企業JD.com(JD)が割安ではないかとの情報を頂きましたので、さっそく調べてみました。 アリババとJD.com…

珍しくまだ株価が若い成長株が残っていた! ニュータニックス社(Nutanix)

1.はじめに 2.ニュータニックス(Nutanix)社とは 3.なぜ株価がまだ若いのか? 4.業績の推移 5.まとめ 1.はじめに 11月の勉強会でいつもお世話になっている医師兼個人投資家の方からニュータニックス(NTNX)という会社を紹介して頂きました。…

好決算でガイダンスが引き上げられても株価が下がったHubSpot その理由は?

1.はじめに 2.業績の推移 3.まとめ 1.はじめに このブログで取り上げさせて頂いたマーケティング・オートメーションで有名なHubSpot(HUBS)が11月1日の引け後に決算発表を行いました。 usmarket.hatenablog.com SeekingALPHAによると売上、EPS(…

空売りファンドに狙われ株価下落中のShopify株の行方は?

1.はじめに 2.Shopify(SHOP)とは 3.Citron Researchが空売りした理由 4.Shopifyの業績 5.まとめ 1.はじめに 私は決算が読めるようになるマガジンを購読しているのですが、先日Shopify(SHOP)が取り上げられており、収益モデルが素晴らしいと…

黒字化が視野に入ってきたMA(マーケティング・オートメーション)業界で注目されている米企業HubSpot(ハブスポット)社 

1.はじめに 2.ハブスポット社(HUBS)とは 3.ハブスポット社の業績 4.株価の推移(11月1日訂正) 5.まとめ 1.はじめに 今回も著名な医師兼個人投資家の方から、マーケティングオートメーション(MA)で有名なハブスポット社がもうすぐ黒字化しそ…

手術ロボットのリーディング企業「インテュイティブサージカル」は安定成長期に入っている

1.はじめに 2.Intuitive Surgical社と手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」 3.業績の推移 4.まとめ 1.はじめに 前回に続き、今回も手術ロボットの企業を取り上げます。Intuitive Surgical社(NASDAQ:ISRG)は手術ロボットの世界ではトップ企業で、そ…

これは凄い!と思った脊髄手術ロボットのメーカーMazor Robotics

1.はじめに 2.Mazor Roboticsと新型機Mazor X (1)Mazor Robotics社 (2)新型機Mazor X 3.Mazor社の業績 4.Mazor社の株価 5.まとめ 1.はじめに 手術ロボットの分野も技術革新が進んで、今後実用化されるロボットが増えてくると言われています…

軍用情報通信システム企業 ハリス・コーポレーション(HRS)

(1)はじめに (2)Harris Corporation(HRS)とは (3)ハリス社の業績の推移 (4)ハリス社の株価の推移 (5)ハリス社の今後の見通し (6)まとめ (1)はじめに トランプ大統領誕生で軍需産業の株も盛り上がり始め、最近は北朝鮮情勢の緊迫も相…

画期的な医療機器を発売して株価7倍になった人工心臓の老舗アビオメッド社(ABMD)

(1)はじめに 医療機器の製造会社は利益率が高く、不況にも強い成長銘柄だと思っていますが、その中でも体内埋込み型の医療機器や医療器具の製造会社は成長安定度が高いと思います。配当が低いのが欠点ですが、何かと懸念事案が発生する製薬メーカーよりも…

バークシャーも少し株を所有している損保向けデータサービス会社べリスク・アナリティックス(VRSK)

(1)Verisk Analytics(VRSK)はどんな企業 (2)過去5年間の業績の推移 (3)株価の推移 (4)まとめ (1)Verisk Analytics(VRSK)はどんな企業 データ分析によるリスク管理の分野で最先端を行く企業で、米国の損害保険会社を主な顧客としています…

遺伝子解析時代の恩恵を受けるゲノム解読装置最大手イルミナ(Illumina ILMN)

(1)はじめに (2)ゲノム解読装置製造メーカー「イルミナ」 (3)イルミナの業績の推移(過去5年間) (4)イルミナの今後の成長性 (5)まとめ (1)はじめに 雨の三連休にこの本を読んでいたら、面白そうな銘柄を見つけましたので、調べてみまし…

マスターカード2017 Investment Community Meetingを見て、過去にMAを売ったことをとても後悔した

(1)マスターカード 2017 Investment Community Meeting (2)実は2015年にマスターカードを大量に買っていたが・・・ (3)マスターカードは当時も順調に成長を続けていた (4)2016年の原油ショック相場 (5)まとめ (1)マスターカード 2017 Inve…

アルタ・ビューティー(ULTA)ってどうかな?

(1)アルタ・ビューティーは高成長している優良企業 (2)そんな優良企業の株価が大幅下落した (3)EPSの成長率をもとにした5年後の株価予想 (4)結論 diamond.jp アルタ・ビューティーという会社はこのダイアモンドZAiの記事で初めて知りました。全…

Google、Facebook、Paypal 今から買って儲かるのはどれか?

1.はじめに 2.3社の過去5年間の推移 (1)Google (2)Facebook (3)Paypal 3.5年後の株価予想 (1)Google (2)Facebook (3)Paypal 4.各社の成長余力を考える (1)Google (2)Facebook (3)Paypal 5.まとめ 1.はじめに 「バ…

急成長株のアリババと安定成長のマスターカード 今買って5年間保有した場合を比較してみました

1.はじめに 2.5年後の相場環境について 3.アリババとマスターカードの過去5年間の推移 4.5年後のEPSと株価の予想 (1)マスターカード (2)アリババ 5.まとめ 1.はじめに この夏は株価のバリュエーションの評価方法について、いくつか本を…

前期に続き高成長を見せたアリババ(BABA)! 2017年6月期決算発表

アリババが前期に続き好調な決算を発表しました。 ↑売上が前年同期比+56%、純利益が同+96%、希薄化後EPSが同+92%で前期と同様、過去5年間の平均成長率をアウトパフォームしました。 ↑2013年から5年間の成長率(各年3月31日締め) ↑前回の四…

Fintechの人気銘柄Square(スクエア SQ) PERがメチャクチャ高いけどいくらなら買ってもいいのか?

1.なぜ、スクエアに注目しているのか? 2.今の株価 3.EPS$0.43を達成するには 4.2年後の利益をシュミレーションしてみる (1)過去5年間の成長率で計算すると(数字はin thousands) (2)直近6ヶ月の成長率で計算すると(数字はin thousands) …

Eコマースのもう一つの巨頭 アリババ(BABA)について

1.アマゾンは凄いけど・・・ 2.アリババとは 3.アリババの凄いところ (1)年間の一人あたりの購入頻度と金額が凄い (2)モバイルの売上が凄い! (3)コアのEコマースのEBITDAマージンが高い 4.アリババの事業戦略 (1)販売手数料だけでなく…

FinTech銘柄Square(スクエア SQ)の2Q2017決算 好決算だが買収否定で株価下落

markethack.net 今年の第1四半期の決算の中でMarketHackの広瀬さんが一番注目した小型ハイテク株であるスクエア(SQ)の第2四半期の決算発表が8月2日にありました。とても良かったですが、3%以上売られました。7月に入ってから買収される噂で株が買わ…

Facebookの決算、私が注目しているポイントは?

FANGの一角、Alphabetの決算は売上、EPSともに予想以上だったのに、決算発表後は売られました。理由は欧州の罰金はどうでもよく、広告単価(Aggregate cost-per-click)の下落(前年同期比-23%、前期比-6%)とTAC(Traffic acquisition costs=広告を載せる…

EV銘柄に銅鉱山株を加えるべき!お勧めは確認埋蔵量が一番多いサザンコッパー(SCCO)

www.nikkei.com www.nikkan.co.jp 国際銅協会の見通しほど銅の需要は増えるかどうか分かりませんが、銅はこの先も需要は大きく伸びていきそうです。 ところで、需要の伸びに合わせて銅の供給の方は、順調に伸びていくのでしょうか?気になるグラフを見つけま…

私が注目している賃金上昇恩恵銘柄(LGIH)と大統領選恩恵銘柄(USCR)

10月の米雇用統計では、賃金の大幅上昇(前年比+2.8%)が目につきました。 賃金は順調に上昇しています。 (米10月雇用統計、12月利上げのゴーサイン送る | My Big Apple NY | My Big Apple NYより引用) 11月4日の米株相場は9日連続の下落でした。そ…